コーヒーイメージ

おいしい珈琲のいれ方を試してみる

おいしい珈琲を入れるためには、まずは豆を選びましょう。
豆の種類は様々で、焙煎の方法によっても味や香りが大きく変わりますが、この選び方には個人の好みに依存するところも多いので、コーヒーの専門店に行ってお店の人に機器ながら選ぶのがいいでしょう。
さて、いれ方ですが、コーヒーの入れ方は濾紙をつかうペーパードリップ、布でドリップするネルドリップ、サイフォンで入れる方法などがあります。
サイフォンは試したことがありませんが、ネルドリップは後始末が面倒ですので、お手軽かつおいしく入れることができるのはペーパードリップです。
まずは豆をひきましょう。
手動のコーヒーミルはコーヒー豆によっては固くてハンドルが重いために挽くのが大変ですが、電動のコーヒーミルよりもおいしく豆を挽くことができます。
挽いた豆をペーパーにいれ、最初にお湯を少量入れて、1分ほどおいてまずはむらします。
蒸らしを行うことで香りがよく立つようになります。
蒸らしを終えたら、コーヒー豆の中央にゆっくりとお湯を静かに流し込んでいきます。
結構時間のかかる作業ですが、ここは焦らずにじっくりといきましょう。
コーヒー豆が盛り上がってきてペーパーのはしにたまってくるようになりますが、ここでは特にこだわらずに中央に注ぎ続けた方が、おいしいコーヒーが入れられるようです。
さて、これでコーヒーは入れることができますが、もう少し様々な種類の珈琲の入れ方について触れていきたいと思います。
カプチーノを入れる場合には、専用のかきまぜ機を使用します。
ミルクを温めながら、ゆっくりとかき混ぜましょう。
ミルクがふんわりと泡立ってきたら、コーヒーの上に乗せるようにしていれます。
自分で絵を描いてみても面白いですよ。
アイスコーヒーにする場合には、先に器に氷を入れておいて、そこにドリップをしたコーヒーを注ぐようにしましょう。
氷はかなり大量に入れないと冷えないのでご注意ください。
氷を入れる分薄まってしまうので、コーヒー豆を多めに入れて、かなり濃いめに入れるようにしましょう。
ダッチコーヒーといって水出しをすることによって出すアイスコーヒーもありますが、これには専用のボトルが必要になります。
ダッチコーヒーはある程度の保存ができるため、夏にはおすすめです。
アメリカンにするためには、コーヒーを入れるときのお湯の量を多めにしてみましょう。
自分の好みの濃さは経験して覚えるしかないので、とにかく試してみましょう。

Copyright(c) 2013 豆の健康 All Rights Reserved.