コーヒーイメージ

珈琲をアレンジして楽しんでいます

私は珈琲を自己流にアレンジして楽しんでいます。
というもの、実は苦手だったんです。
砂糖とミルクがたっぷり入っていればなんとか飲めるのですが、ブラックでなんて絶対に無理です。
とは言え、大人になると飲まないといけない機会がけっこうあるので、どうせ飲まなければいけないならば、苦手だなと思いつつ飲むよりも美味しく飲めた方が良いよねと思い、いろいろな風に工夫をして飲み始めたのがきっかけです。
今では、いろいろ工夫して味わうのが癖になってしまって、大好きなものになりました。
最初に試した中ではまったのは、甘めにホイップした生クリームを載せてみることです。
甘くてクリーミーで、生クリームのふんわりした食感も楽しめて、そこにほろ苦さも加わってとても美味しいなと思えました。
次には、キャラメルソースを入れて飲んでみました。
キャラメルの濃厚な濃さと香ばしい苦みがなかなかあいます。
ホワイトチョコレートを電子レンジで加熱して溶かしたものを加えても、美味しいです。
それと、これは賛否両論別れるかもしれませんが、実は甘いあんこを入れても美味しいんです。
私のお勧めは、あんことホイップクリームを加えてみることです。
ちょっと和風な感じになって、美味しいのですが、人に話すと嫌がる人もいるのでせっかく美味しいのにもったいないなと思っています。
逆に、ちょっと失敗だったなと思うのが、イチゴジャムを入れてみた時です。
紅茶にジャムを入れてロシアンティというのがあるので、いけるかとおもったのですが、ちょっと飲むのが憂鬱になる感じの味になってしまいました。
ジャムに使われる果物には酸味があるので、それが苦みと合わさると苦手な感じになるようです。
飲む以外にも、食べて楽しむこともあります。
ちょっと変わったところでは、食パンにマシュマロを半分にちぎってびっしり並べて載せて、そこに粉末珈琲をふりかけてトーストします。
マシュマロがこんがり茶色になったら、そこにチョコレートソースをふりかけて食べると、マシュマロのとろんとした食感と甘くも苦みのあるソースが絡んでなんとも言えない美味しさに変身してくれるんですよ。
それから、カレーの隠し味にすると風味が増して美味しいと聞き、実践しています。
いつものカレーに、ほろっとした苦みが加わって、大人向けのカレーにはなかなかぴったりあいますよ。
このようにして、いろいろな場面でいろいろなアレンジをして珈琲を楽しむようになって、今ではすっかりあの香りと香ばしさと苦さの虜になってしまいました。
これからも、いろいろなアレンジを見つけて楽しみたいです。

Copyright(c) 2013 豆の健康 All Rights Reserved.