コーヒーイメージ

珈琲はカロリーが少ない飲み物です

ダイエットをするためにカロリーの低いものを食べたり飲んだりするように意識するかと思いますし、私もダイエットをしていたときは凄く気になっておりました。
珈琲はカロリーがゼロに等しいほど少ない飲み物でして、ダイエットには最適な飲み物かと思われますが、珈琲にはカフェインが含まれておりますので飲みすぎには注意が必要です。
1日に何杯も飲む人がいるようですが、あまりに飲みすぎますと体に悪影響を及ぼす可能性があります。
胃を荒らしてしまいますし、聞いた話ですと肌も荒れてしまうこともあるそうです。
私はすきっ腹に珈琲を飲みすぎてしまい、胃を荒らしてしまった経験がありました。
なのでもし飲むのであれば、1日に2杯か3杯くらいが適量なのだそうで、良い香りで飲みたくなってしまいますが、体のことを考えてなんでも適量を飲むことが大事なのだと感じました。
ストレートに飲むことも良いのですが、ミルクを使ってカフェラテにして飲みますと、また美味しく味わって飲むことができるようになります。
私はカフェラテで飲むことが好きで、毎朝、朝食を食べるときはパンが多いので、温かいカフェラテを飲んでおります。
ミルクを使ってしまいますとカロリーが気になって使いたくないと思う人もいるかもしれませんが、もしそうであるならば無脂肪牛乳や低脂肪牛乳を使ってカフェラテを作れば低く抑えられるので、ダイエットを気にしているのであればそうしたほうが良いでしょうし、私もそのように低脂肪牛乳を購入してカフェラテを飲んでおりました。
本当は脂肪たっぷりの無調整牛乳のほうが美味しいカフェラテを作ることができるのですが、そこはぐっと我慢をして低脂肪牛乳を使っておりました。
綺麗な体にしたいと思うあまりに色々と工夫を重ねていきましたが、もし、あまりに我慢をすることに耐え切れなくなれば、我慢することを緩和していくことも大事になります。
我慢をしすぎますとストレスがたまってきてしまいますので、かえって痩せにくくなってしまうと思います。
実際私がそうでした。
なかなか痩せずにイライラしてしまい、我慢をすることもつらく感じたとき、それまで無脂肪牛乳でカフェラテを作ってしたのを、ちょっと我慢を緩和させるために、無脂肪牛乳から低脂肪牛乳に変えて、ちょっと脂肪牛乳の味を楽しめるようにしていきました。
それだけでもだいぶ気持ちが楽になりましたので、我慢をゆるくしていくことも大切なのだと思いました。

Copyright(c) 2013 豆の健康 All Rights Reserved.